和名 トキソウ 朱鷺草 
花の色をトキの羽の色に見立てた。
学名 Pogonia japonica Rchb.f.
分布 北海道、本州、四国、九州、伊豆諸島。外国では、中国から極東ロシア、朝鮮半島。
生態と形態 冷温帯〜暖温帯の、日当たりの良い湿地に生える。
地下茎が長く伸びて、所々に不定芽を出して、繁殖する。
花期の高さは、10〜30cmとなり、中ほどに披針形の葉を1枚つける。
頂部に、淡い紅紫色の花を1個のつける。花色には変化があり、白花は品種として、シロバナトキソウという。
花期 5〜7月。四国では、6月まで。

参考書: 日本のラン ハンドブック @ 低地・低山編、 カラー版 野生ラン(家の光協会出版)


2007/5/27 @黒沢湿原(徳島県)

inserted by FC2 system