和名 サルメンエビネ 猿面海老 
唇弁を猿の赤い顔に見立てたもの。
学名 Calanthe tricarinata Lindl.
分布 北海道、本州、四国、九州。外国では、台湾、ヒマラヤなど。
生態と形態 深山の涼しい林床に生える常緑の多年草。
地下に浅く球茎(バルブ)が連なり、春、新しいものから3〜4枚の葉をだす。 花茎は新葉が展開しないうちに、その中から伸びて30〜50cmとなり、上部に7〜15個の花を咲かす。
花期 5月〜6月


2008/5/17
2012/5/13
2012/5/13

inserted by FC2 system