和名 オオヤマサギソウ  大山鷺草
学名 Platanthera sachalinensis F.Schmidt
分布 南千島、北海道、本州、四国、九州。外国では、サハリン、朝鮮、台湾など。
生態と形態 常緑樹や杉林などの林床や林縁にはえる。
茎は、高さ35〜70cmで、下部に2枚の葉が接近してつき、その上に2〜7枚の鱗片葉がつく。 花は15〜40個で緑白色。
花期 7月〜8月


2011/7/29
2006/7/14
2007/8/30

果実


 オオヤマサギソウの側萼片は、鎌状(下部が張り出す)で、平開する。 オオバノトンボソウのは、長楕円形に近く、後ろに反り返る。

inserted by FC2 system