和名 ノビネチドリ 延根千鳥 根が紐状に伸びている。
学名 Neolindleya camtschatica (Cham.) Nevski
Gymnadenia camtschatica (Cham.) Miyabe & Kudo を採る説もある。
分布 北海道、本州(中北部)、四国、九州。外国では、サハリン、カムチャッカ、朝鮮など。
生態と形態 ブナ林帯から針葉樹林帯の林床、林縁に生える。
 根は多数の細い紐状のものと少数の肥厚した円柱状のものとがある。 茎は直立して高さ30〜60cmとなり、4〜7枚の葉をつける。葉は縦じわがあり、縁が波打つ。
 茎の上部が花序となり、多数の花を穂状につける。
花期 5月〜6月


2014/6/12
2006/6/13

inserted by FC2 system