和名 コアツモリソウ 小敦盛草 アツモリソウに似て、小型である。
学名 Cypripedium debile Rchb.f.
  種小名 debile は「軟弱な」という意味。
分布 北海道(西南部)、本州(中北部)、四国(高知県)、九州(熊本県)。外国では、台湾、中国など。
生態と形態 山地の林下に生える。
茎は高さ8〜20cmで、頂部に2枚の葉が対生状につき、そこから1個の花が垂れ下がって咲く。
花期 5〜6月

参考書: カラー版 野生ラン(家の光協会出版)


6/3

ちょっと判りずらいが、2株写っている。

2枚の葉の下に隠れるようにして咲く。

花を付けなかった株が、大小2つ見える。
茎の頂部に、2枚の葉が付く。上の葉が僅かに小さい。正確には、互生であるが、間隔が狭いので、対生しているように見える。

inserted by FC2 system