和名 キンラン 金蘭 花の黄色を金にたとえた。
学名 Cephalanthera falcata(Thunb.) Blume
分布 本州、四国、九州、伊豆諸島。外国では、朝鮮半島、中国東南部。
生態と形態 暖温帯の落葉広葉樹林やマツ林に生える。
5〜6(〜8)枚の葉をつけ、花期の高さは20〜40(〜80)cmとなる。
葉は、固く厚みがあって、縦じわが目立つ。
花は3〜12個(花を付けない株もある)、上向きに咲くが平開しない。花色は黄色で、唇弁には橙色の線がはいる。
花期 4〜6月

参考書: 日本のラン ハンドブック @ 低地・低山編、 カラー版 野生ラン(家の光協会出版)


2008/5/25 2006/5/5 2008/5/11 2008/10/4

果実期

2004/9/21

果実


キンランの暮らしを見る

最初から見る

inserted by FC2 system