和名 キバナクマガイソウ 黄花熊谷草 クマガイソウの黄花品種。
学名 Cypripedium japonicum Thunb. f. urasawae T. Koyama
生態と形態 普通のクマガイソウと特に異なる特徴はない。

参考書: 日本のラン ハンドブック @ 低地・低山編


5/2

これらの写真の原画は友人から提供を受けました。この自生地は盗掘のためすでに絶滅したとのことです。
現在では四国内で、キバナクマガイソウの自生地は確認できていません。

普通のクマガイソウの唇弁に見られる赤紫の模様はなくて、花全体がごく薄い黄緑色をしている。
開花から日にちが経過するに従って、黄色が薄れて白花に近くなる。

inserted by FC2 system