2015/8/26

 山深い谷の流れのすぐ側に生えている樫の木に、このカシノキランは付いていた。
 谷の両側は急な斜面になっているから、木の根元から少し離れた斜面に立てば、カシノキランは水平な位置にある。
 根元に降りて、木に寄り沿うように立てば、一番下の花は手の届くほどの高さにあって、下から見上げることになる。

 カシノキランは、4・5枚の葉を扇のように拡げていて、その下に、花房が垂れ下がっている。下から見上げれば、花を正面から見ることになる。


2015/8/26

 周りには、大きな古木もたくさん生えていて、高い所にカシノキランが着生しているらしい。
 下から仰ぎ見ても何も見えないが、その老木が落とした枝にカシノキランがよくくっ付いている。

 着生ランは地面まで落ちてしまうと、すぐにダメになってしまうが、地面から離れた位置に留まることができれば、数年は生き延びて花を咲かせ、実も着けることができる。

inserted by FC2 system