和名 イイヌマムカゴ 飯沼零余子
江戸時代の植物学者飯沼慾斎が、ムカゴソウと呼んだが、別のムカゴソウと区別するため、新たな和名がつけられた。
学名 Platanthera iinumae (Makino)Makino
トンボソウ属 Tulotis iinumae (Makino) H.Hara とする説もあった。
分布 北海道(南部)、本州、四国、九州、伊豆諸島。日本固有種。
生態と形態 山地の林縁や林床に生える。
茎の中ほどに大きな葉を2〜3枚つけ、花期の高さは20〜40cmとなる。 葉は長楕円形で、縁がやや波打つ。
茎の上部に小さな淡緑色の花が多数密について長い花序をつくる。 距は透明感のある白で、雫がついているような感じである。
花期 7〜8月

参考書: 日本のラン ハンドブック @ 低地・低山編カラー版 野生ラン(家の光協会出版)


7/31

イイヌマムカゴが、杉林の中に、群生していた。

茎の中程につく2枚の葉は、縁が小さく波打っている。

唇弁と距が白っぽい。水滴が垂れ下がったような距を見れば、イイヌマムカゴだと判定できる。

inserted by FC2 system