2013/7/24

地上に、出てきたばかり6月中旬〜7月上旬

蕾はまだ小さくて、花茎に群がるように密着しているが、苞葉の下に隠れていて、見えない。

 

蕾が大きくなる7月上旬〜7月下旬

蕾が大きくなると、苞葉を押しのけて、ヒメノヤガラ独特の恰好を現す。子房の上に花冠(萼片と花弁)になる部分が乗っかっている。花冠が直角に折れて、外側に向くと、開花はもう近い。

 

開花期7月中旬〜8月上旬

下の蕾から上へと順に開花する。花が開くと、唇弁が上になっているが判る。この頃には、全体に赤みが褪せている。

 

果実期7月下旬〜

短期間のうちに、果実になり、裂けて、タネを飛ばす。

inserted by FC2 system