和名 ハルカンラン 春寒蘭 春に咲くカンランという意味。愛好家の間では、寒蘭の一種とされていたようだ。
学名 Cymbidium × nishiuchianum Makino ex J.M.H.Shaw
シュンラン C. goeringii とカンラン C. kanran との自然交雑種と推定される。
分布 高知県。ただし、野生のものは絶滅状態である。
生態と形態 シュンランとカンラン両方の中間的な形質が現れるが、どちらの影響が強くでるかは、個体によって変異がある。
葉は、おおむねカンランに近い。
花茎はカンランに似ているが、高さはシュンランより少し高い程度である。
花は全体として、シュンランよりもカンランのほうに似ているが、花弁はシュンランに似て、やや丸みを帯びている。 花数は2〜3個である(シュンラン=1個、まれに2個、カンラン=3〜15)。
花期 3〜5月。ほぼシュンランの開花期と一致する。


2014/4/19 @牧野植物園

inserted by FC2 system