分布、自生状態など

中・南アメリカ。着生。約1180種.。

茎、葉の特徴

茎は、細長く伸びて、楕円形の葉を互生する。
しかし、茎が肥大して紡錘形のバルブとなり、頂に1〜3枚の葉をつけるものもある。

花茎は、茎またはバルブの頂からでて、2・3〜多数(総状)の花をつける。

Encyclia属をこの属に含めることもある。

分類学的に近い属のリスト
クリックすると左側のインデックス欄上部にでます。

inserted by FC2 system