分布、自生状態など

東南アジアを中心に広く分布する。ほとんどは着生でまれに地生する。約1300種.。 日本には、セッコク、キバナセッコク、オキナワセッコクなどが自生する。

茎、葉の特徴

毎年、新しい茎が古いものの基からでる。茎は、肥大して卵形〜円柱状になるもの、細長い針金状のものなどその形状は様々である。 葉も、草質、革質、多肉質など変化に富む。

花茎は、茎の頂あるいは茎の途中の節からでて、1つ〜多数の花をつける。

分類学的に近い属のリスト
クリックすると左側のインデックス欄上部にでます。

D. aberrans アベランス D. albosanguineum アルボサングイネウム D. alexandrae アレクサンドラエ D. amethystoglossum アメジストゴロッサム D. amoenum アモエナム D. anosmum アノスナム =D. superbum D. antennatum アンテンナタム D. aphyllum アフィラム =D. pierardii D. arcuatum アークアタム D. auriculatum オーリキュラタム D. bellatulum ベラツルム D. bracteosum ブラクテオスム D. bullenianum ブレニアナム =D. topaziacum D. canaliculatum カナリクラタム D. capillipes カピリペス D. capituliflorum キャピツリロラム D. cariniferum カリニフェラム D. carronii カロニイ D. catenatum 和名 キバナノセッコク =D. tosaense D. cerinum セリナム D. chameleon カメレオン D. chalmersii チャルメルシイ D. chlorostylum クロロスチラム D. chrysotoxum クリソトクサム D. compressum コムプレッサム D. connatum コンナタム D. convolutum コンボラタム D. crepidatum クレピダツム D. cretaceum クレタケウム D. crocatum クロカタム D. cruentum クルエンツム D. crumenatum クルメナタム D. cuthbertsonii クスバートソニア D. densiflorum デンシフロラム D. dichaeoides ディケオイデス D. discolor ディスカラー =D. undulatum D. distichum ディスチカム D. dixanthum ディクサンサム D. draconis ドラコニス D. ellipsophyllum エリプソフィラム D. erosum エロサム =D. aegle D. exile エクサイル D. faciferum ファシフェラム D. farmeri ファーメリ D. fimbriatum フィンブリアタム D. findleyanum フィンドリアナム D. finisterrae フィニステラエ D. forbesii フォルベシイ D. formosum フォーモサム D. fytcheanum フィッティエアナム D. gerlandianumm ガーランディアナム D. glomeratum グロメラタム =D. sulawesiense D. goldschmidtianum =D. miyakei D. gouldii ゴウルディ D. gracilicaule グラキリカウレ D. guerreroi グエレロイ D. hainanense ハイナネンセ D. hancockii ハンコッキー D. harveyanum ハーベイアナム D. hasseltii ハッセルティー =D. cornutum D. hellwigianum ヘルウイギアナム D. hemimelanoglossum ヘミメラノグロッサム D. hepaticum ヘパニカム D. heterocarpum ヘテロカルパム =D. aureum D. hodgkinsonii ホジキンソニイ D. hymenanthum ハイメナンサム =D. pumilum D. igneoniveum ハイメナンサム D. infundibulum インファンディブラム =D. jamesianum D. jenkinsii ジェンキンシー D. johnsoniae ジョンソニアエ D. kanburiense カンブリエンシス D. kingianum キンギアナム D. laevifolium ラエビフォリューム D. lamellatum ラメラタム D. lancifolium ランシフォリウム D. lawesii ロージィ D. leonis レオニス D. lichenastrum リケナストラム D. lindleyi リンドレイ =D. aggregatum D. lineale リネアレ D. linguiforme リンギフォルメ D. lituiflorum リツイフロラム D. loddigesii ロディゲシイ D. longicornu ロンギコルヌ D. luteolum ルテオラム D. macrophyllum マクロフィラム =D. musciferum D. mannii マンニイ D. masarangense マサランゲンセ D. mohlianum モーリアナム =D. vitellinum D. moschatum モスカタム =D. calceolaria D. munificum ムニフィカム D. mutabile ムタビレ D. nemorale ネモラレ D. obtusisepalum オブツシセパラム D. oligophyllum オリゴフィラム D. ovipostoriferum オビポストフェラム D. palpebrae パルペブラエ D. parishii パリシィ D. parthenium パーセニューム D. parvulum パルブルム D. peguanum ペグアナム D. pendulum ペンジュラム D. polyanthum ポリアンスム D. primulinum プリムリナム D. pseudoglomeratum シュードグロメラタム D. purpureum プルプリューム D. purpurascens パープラセンス D. racemosum ラセモサム D. rennellii レッネリイ D. rosellum ロセラム D. sanderae サンデレ D. scoriarum スコリアルム D. secundum セクンダム =D. bursigerum D. senile セニレ D. shiraishii シライシー D. signatum シグナタム =D. ophioglossum D. smillieae スミリエ =D. hildebrandtii D. speciosum スペシオサム D. spectabile スペクタビレ D. spurium スパリューム D. stratiotes ストラチオテス D. strebloceras ストレブロケラス D. striolatum ストリオラタム D. subclausum var. phlox サブクラウサム var. フロックス D. subuliferum スブリフェラム D. sulcatum スルカタム D. sylvanum シルヴァナム D. tangerinum タンゲリナム D. taurinum タウリヌム D. teretifolium テレティフォリューム D. tetrachromum テトラクロムム D. tetragonum テトラゴナム D. thyrsiflorum チルシフロラム D. tobaense トバエンセ D. tortile トルティレ D. trigonopus トリゴノプス =D. velutinum D. trilamellatum トリラメラツム D. tuananhii ツアナンヒー D. uncatum ウンカタム D. uniflorum ユニフォラム D. unicum ユニカム D. usitae ウシタエ D. victoriae-reginae ビクトリエ-レギネ D. ypsilon イプシロン D. wassellii ワッセリー Dendrobium sp. (A) 種名不明 Dendrobium sp. (B) 種名不明 Dendrobium sp. (C) 種名不明 Dendrobium sp. (D) 種名不明 Dendrobium sp. (E) 種名不明 Dendrobium sp. (F) 種名不明 Dendrobium sp. (G) 種名不明 Dendrobium sp. (H) 種名不明 Dendrobium sp. (I) 種名不明 Dendrobium sp. (J) 種名不明 Dendrobium sp. (K) 種名不明 Dendrobium sp. (L) 種名不明 Dendrobium sp. (M) 種名不明 Dendrobium sp. (N) 種名不明

inserted by FC2 system