分布、自生状態など

ロシア極東〜インドシナ半島。地生。6種.。

茎、葉の特徴

球状のバルブから、1〜2枚の葉を頂生する。葉は、長楕円形で縦襞がある。

花茎は、バルブの基部からでて、直立し、多数の花を総状につける。

分類学的に近い属のリスト
クリックすると左側のインデックス欄上部にでます。

inserted by FC2 system