西峯部落の氏神です。社殿を覗かせてもらうと、額には「金峰神社」と書かれていました。
 香北町史(松本実編集1968年発行)には、所在地の小字が「大城屋敷」である旨書かれていますが、今もこの部落には大城姓の家があります。

金峯神社 西峯小字上大城屋敷(一名土居の上ともいう)に鎮座。安徳天皇を祭る。もとは蔵王権現とよんでいたが、後に今の名に改めた。 来歴その他は明らかでないが、この地に安徳天皇を祭神とする神社があることは、日ノ御子、河ノ内、河野等に平氏に関する伝説の多いことと照し合わせて興味ある問題である。 香北町史(松本実編集1968年発行)より

国土地理院発行2.5万分の1地形図「美良布」より。
書き込みの位置は正確でない場合があります。

 


inserted by FC2 system