額にある八坂神社、須賀神社ももともと独立した社殿を持っていたが、少なくても香北町史発行の1968年には一つに統合されています。 八坂神社は日浦込部落の氏神であったのが、梅久保部落への統合に合わせて行われたそうです。
 狛犬が3対います。鳥居の脇に座しているもの(明治12年奉献)のほかに、境内に2対の狛犬(明治22年奉献、昭和9年奉献)が置かれています。 これは統合の際に八坂神社と須賀神社の狛犬が持ち寄られたのではないでしょうか。

明治22年に奉献されたもの

昭和9年に奉献されたもの

八坂神社 所在地 日浦込木戸屋敷。祭神須佐之男命。旧村社。神躰石。元禄十一年の棟札に別当長福寺とある。


須賀神社 所在地 梅久保宮ノ奈路。祭神須佐之男命。旧村社。神躰石。正徳五年、元文元年に社殿改築の棟札がある。正徳五年の棟札には大願光徳寺栄厳とある。


仁井田神社 所在地 梅久保仁井田。旧村社。日浦込、梅久保の部落合併後八坂神社及び須賀神社を当社に合祭した。 香北町史(松本実編集1968年発行)より

国土地理院発行2.5万分の1地形図「奈呂」より。
書き込みの位置は正確でない場合があります。


inserted by FC2 system