2003/10/31 撮影 高知市の方から来ると、国道195号線を香北町小川で右に入る県道があります。 この道を車で走り(飛ばさないこと)、香我美町との境に近いところの道ぶちに剣神社の一の鳥居があります。

 一の鳥居の側の狛犬さんがちょっと珍しい。右は口に玉を含んでいますが、 これを作るのには、なかなか高度な技術と手間が必要ではなかろうか。
  左は、子連れのお母さんです。子供はまだ世間知らずで、恥ずかしそうにお母さんにしがみついています。
 一の鳥居と狛犬さんを見逃す心配はありませんが、ここから社殿までが急な登りで一苦労です。
 一の鳥居を10数メートル過ぎたところから山手に、軽自動車なら登れる道がついて、車の行き止まりが滝下で一軒の人家があります。(この車道は狭いのであまりお勧めできません。)
  社殿は、そこからさらに山道を15分ほど歩きます。

 高知県で「滝」とは断崖のことで必ずしも水は流れていません。社殿はずばり滝下に位置しています。

正面の三葉柏の家紋は山内家のものだ、と地元の方に教えていただきました。

国土地理院発行2.5万分の1地形図「美良布」より。
書き込みの位置は正確でない場合があります。

緯経度による検索

 県道の側の一の鳥居と一対の立派な狛犬が目印になります。滝の下までは車道がありますが、狭く軽自動車でもお勧めできません。
 滝の下からはさらに急な登り道を20分ほど歩きます。

inserted by FC2 system