2010/1/17撮影 国道195号のすぐ北側に見えます。香北町の中心部のはずれ物部川の支流西ノ川に架かる橋の麓です。
 香北町史に由来が書かれていますが、土地の豪氏有光氏の城跡に建っているようです。

 八幡宮の右側の小さな社。名称はわからない。

韮生野有光城に鎮座。祭神は応神天皇、神功皇后、姫大神。神躰 鏡。 城主有光氏が武運長久を祈って勧請したものであるが、有光氏衰亡後は椎の木の本で神名ばかりをとなえて祭っていた。 享保二十年に至って成矢只八が新たに宮を建て、それ以来有光氏の一族によって祭られるようになった。 香北町史(松本実編集1968年発行)より

国土地理院発行2.5万分の1地形図「美良布」より。
書き込みの位置は正確でない場合があります。

緯経度による検索

 国道のすぐ北側にあります。反対側にはJAのガソリンスタンドがあります。

inserted by FC2 system