2003/10/19 撮影県道から見る全景

2003/10/19 撮影




 萩野川は、南から物部川に流れ込む支流の一つですが、この流れを遡るように県道を進むと、 萩野、北岩改、南岩改と続きます。
 須賀神社は南北岩改の境あたりで、県道と萩野川に挟まれるように鎮座しています。 古くは「岩改村」があって、須賀神社はその村社だったようです。
 戦後も岩改小学校が残っていましたが、今は校舎もなく広い空き地となっています。

2003/10/19 撮影拝殿

2003/10/19 撮影

2003/10/19 撮影本殿

野島神社

2003/10/19 撮影  須賀神社と同じ敷地に、「野島神社」の額が掲げられた建物があります。この部落には野島姓が多いので氏神様でしょうか。
 香北町史には「境内に竈神社、山祇神社がある」と書かれていますが、野島神社のほかにそれらしきものは見当たりません。

須賀神社 岩改宮の本に鎮座。素?鳴命を祭る。神躰は鏡。韮生一統記に「牛頭天王往古佐岡村より勧請」とあり、 棟札に「天正八年九月十九日岩改村牛頭天王本願山田佐野平泉坊主」とあるが勧請の時代はあきらかでない。 元禄十六年に新たに社殿を作ったことが棟札に残っている。境内に竈神社山祇神社がある。 香北町史(松本実編集1968年発行)より

国土地理院発行2.5 万分の1地形図「美良布」より。
書き込みの位置は正確でない場合があります。

緯経度による検索

 高知市方面から国道195線を車で来ると、橋川野を過ぎてすぐに右の県道へ入いります。
 そこから物部川の支流萩野川を右に左に見ながら南へ車を走らせます。最初に萩野の集落があり、次に岩改へ着く。
 岩改は北岩改と南岩改に別れますが、神社はその境と思われるあたりに、県道の右手に萩野川に挟まれるようにしてあります。


inserted by FC2 system